1. ホーム>
  2. ローソク足解説>
  3. ローソク足(上放れタスキ)
株の散歩道で扱っているローソク足「上放れタスキ」の解説です。

上放れタスキ

【解説】

●形

窓を開けて上昇した陽線の翌日、窓を開けずに安く寄り付いた陰線(タスキ)が出現した形。

●背景

上昇相場の初期に上放れた陽線に対し、高値警戒の利食い売りが出て陰線となった。

窓を埋めていない点からも高寄りの陰線であれば再度上昇が期待される。

●対応

再上昇を暗示。

次の動きに注目。


【実例】

2019/4/17
4917.t  (株)マンダム

先頭に戻る
  1. ホーム>
  2. ローソク足解説>
  3. ローソク足(上放れタスキ)