1. ホーム>
  2. ローソク足解説>
  3. ローソク足(小幅上放れ黒線)
株の散歩道で扱っているローソク足「小幅上放れ黒線」の解説です。

小幅上放れ黒線

【解説】

●形

日足が小幅でもみ合う状態(保ち合い)が続いた後、窓を開けて陰線が出現した形。

●背景

安値圏で売り買いが拮抗し、もみ合っていたが突然上放れ。

売り圧力に押され陰線で終わったが、相場が動き始めた。

●対応

底入れを暗示しているとされる。以降の動きに注目。

上放れ陰線の上ヒゲが長いのは期待できない。


【実例】

2019/4/23
6504.t  富士電機(株)

先頭に戻る
  1. ホーム>
  2. ローソク足解説>
  3. ローソク足(小幅上放れ黒線)