1. ホーム>
  2. ローソク足解説>
  3. ローソク足(上伸途上のクロス)
株の散歩道で扱っているローソク足「上伸途上のクロス」の解説です。

上伸途上のクロス

【解説】

●形

大陽線の次に十字線が現れた形。

●背景

上昇相場初期の大陽線は買いの勢力が動いたこと。

その後の、十字線は大陽線後の利食いの売りと買いが拮抗していることを示す。

●対応

十字線の次が陽線なら、新規買いが継続していると考えられる。

次の動きに注目。


【実例】

2019/4/26
2311.t  (株)エプコ

先頭に戻る
  1. ホーム>
  2. ローソク足解説>
  3. ローソク足(上伸途上のクロス)